覚悟が足りなかったと感じたとき

看護師の仕事をしていると亡くなっていく患者さんを何人も見送らなければいけないことがあるのですが、看護師になりたての頃、数日前まではとても元気だった患者さんが亡くなってしまった時に私は看護師として、まだまだ覚悟が足りていなかったと自信を失ったことがあります。もちろん看護師になる前は看護師になり、亡くなっていく患者さんを見届けることも大切だし、しっかりと見届けなければいけないと思っていたのですが、実際にそういった場面に直面すると覚悟が足りておらず、どうして良いのかわからなくなってしまい、患者さんのご家族にもしっかりとした言葉をかけてあげられなかったことがあります。

その時は先輩がすぐにフォローに入ってくれて患者さんのご家族にも温かい言葉をかけてくれたのですが、本当に私は看護師になる前の段階でしっかりと覚悟をすることができていなかったと情けなくなりました。今では先輩などのアドバイスを受けながらも少しずつ私自身が成長しているので、そういった場面に直面してもしっかりと感じさんや患者さんのご家族の事を思いながら接することができるようになりましたが、当時は今よりも遥かに未熟だったし、やっぱり少し前まで笑顔を見せてくれていた患者さんが亡くなるというのは自分の中でどのように受け止めて良いのかわからなくなってしまいました。こういった事を重ねながら看護師として成長していくのですが、これから看護師になる学生さんなどは自分で思っている以上の覚悟が必要だということを覚えておいてほしいと思います。

看護師転職は非公開求人

看護師は誰でも通る道

看護師であれば患者さんの死に直面しないなどということはほとんどありませんので、多くの看護師が働いていて直面すると思います。もちろん看護師として涙を流すなんて言う事はできないのですが、自分自身の中でも覚悟しなければ患者さんの死を受け止めることができずその場から逃げ出してしまうなんていう看護師もいるようです。

看護師も人間ですから長期間に渡る看護をしていた患者さんが亡くなってしまうなどという場面になれば当然辛い思いをしてしまうのは仕方のないことだと思いますが、ここで患者さんのご家族の気持ちをしっかりと考え、支えてあげるのも看護師の仕事になります。また涙流したり、どうすれば良いのかと自信を失うことを患者さんが望んでいるわけではありませんので、最後までしっかりと看護師としての仕事をやり遂げられるように成長していかなくてはなりませんね。看護師として一番辛い部分と言われていますが、この部分において覚悟ができなければ、看護師を続けていくのは難しいのでしっかり覚悟していなければなりません。