若い看護師に負けたと感じたとき

何年も看護師を続けていると新しい後輩看護師などが次々と出てくるのですが、こういった後輩看護師の仕事を見ていて、自分自身の仕事は後輩看護師に負けていると思ったときには自信を失ってしまいますね。私は現在でも看護師を続けていますが、やはり後輩が私よりもしっかりとした仕事をしていたり、私があたふたとしている時に後輩看護師が冷静に仕事していたりすると自信を失うこともあります。

後輩が成長してくれると、とても嬉しいことなのですが、やっぱり先輩看護師としては常に自分がしっかりとしていなければならないし、時と場合によって後輩看護師に指示されることがあるなんていうのは恥じるべきことだと私は思っています。もちろん看護師はそれぞれで性格や得意分野不得意分野などがありますので、私に出来ない事を後輩が助けてくれるなんて言う事もあるのですが、できるだけこうした事は無くなるようにまだまだ私も頑張っていかなければならないと思っています。常に後輩を支えてあげられるような先輩を目指さなくてはいけませんね。

看護転職を始める前にすべきこと

自分の中で自信がもてる部分を見つけておく。

誰にでも得意とする分野、不得意とする部分というのはあると思います。もちろん看護師として働いている中でも、冷静な判断力を持っている看護師やそうではない看護師、それからコミュニケーション能力の高い看護師やそうではない看護師がいると思いますが、自分の中でひとつ、しっかりと自信を持って胸を張れる部分を見つけることが大切だと思います。そういった部分があれば自信を失ってしまうようなこともないし、後輩看護師に負けたと思うようなこともないと思いますよ。

後輩看護師も日々成長していますので、もちろん負けたと思ってしまうようなことがあるかもしれませんが、万が一そういったことがあっても自分はそれ以上に成長しているわけですから、やはり自信を失わず自分らしく頑張っていくべきではないでしょうか。それぞれの看護をして、その看護師にしかできない事などがあると思います。患者さんに対するメンタルケアが得意だったり、子供を笑顔にすることが得意だったりと様々ですから、自分の中で胸を張れる部分を一つ見つけるようにしましょう。見つからないようであれば、これからでも遅くはありませんので作ると良いですね。