休日のオンコールで駆けつけたら…

私の病院ではあまりオンコールが入ることはありませんが、過去に数回オンコールが入ったことがあります。たまたまオンコールがあった時に私は家族で出かけていたのですが、やはり仕事を優先しなければならないので家族に事情を話して私だけ病院にすぐ駆けつけました。オンコールが入るということはそれだけ看護師が足りていない状況だし、私がいて少しでも役に立てるのであればと思って駆けつけたのですが、実際に駆けつけたところ、すでに近所に住んでいる看護師が数人駆け付けていて、もはや私の出る幕ではありませんでした。

この時には何のために私は戻ってきたのだろうと自分自身の中ですごく情けない気持ちになってしまったのですが、患者さんや病院のためを思い、向かってきた自分自身の行動力は褒めたいと思います。戻った時には他の看護師さんがバタバタと仕事をしていてあたしなんて入る隙間はなかったときは自信を失いましたが、それでも私が到着するまで看護師不足の状態でいるよりも看護師が沢山いてくれたほうがはるかに良い状況だということは間違いありませんので、結果的には良かったと思っています。ただ家族には申し訳ないことをしてしまったし。まさか他の看護師が駆けつけていたなんて言う事も言えないので、しっかりと仕事をしてきたことにしましたが、その時の旅行はあまり楽しい思い出にはなりませんでした。

看護求人

オンコールは念のため数人に入ることが多い

休日に入ってくるオンコールというのは看護師にとってとても緊張感のあるものだと言われています。オンコールが入ってくればもちろん家族との時間や恋人との時間も断って病院に駆けつけなければならないのですが、看護師によってはオンコールから病院に到着するまで非常に時間がかかってしまうような状況にあることも考えられるので、1人の看護師にオンコールをするのではなく数人の看護師にオンコールをするという病院がほとんどだと思います。

そのため自分が駆けつけた時には他の看護師さんがすでに対処しているなんて言う事もあると思いますが、こんな時でも自信をなくしたりせず、逆に安心できるような余裕を持っていると良いと思います。だからといって、私が行かなくても他の看護師が行くなんて思っていたらいけませんから、もちろん自分自身でも早急に駆けつけなければなりません。その際に他の看護師がすでに到着していたとしても、やらり自分の中にできることが必ず見つかりますし、早急に戻るという意識が大切なのではないでしょうか。